ノコギリヤシ 30代 前立腺がん

30代後半以降の前立腺がん予防に注目されているノコギリヤシ

ノコギリヤシ

 

ノコギリヤシが前立腺トラブルに効果的・・・!?

 

男性の特徴的な器官である「前立腺」は、膀胱のちょうど真下ほどに位置する器官です。

 

30代後半〜40代以降になると前立腺に関するトラブルが増えてくると聞かれており、
夜の頻尿や尿のキレの悪さなど訴える人がでてきています。

 

ノコギリヤシは、こういった前立腺に関するトラブルを改善してくれることで、ここ最近注目度があがっています。

 

ノコギリヤシとは一体??

 

ノコギリヤシとは、北アメリカを原作としたヤシ科の植物の一種で、
葉の形状がノコギリのように見えることからその呼び名がついています。

 

ノコギリヤシがどうして前立腺のトラブルに効果的なのかというと、β-シトステロールという成分に、
男性ホルモンの乱れを改善させる作用があるからといわれています。

 

また、ノコギリヤシには過剰に男性ホルモンが分泌されることを抑える効果もあるので、前立腺がんの予防にも期待されています。

 

ただし前立腺肥大などの良性の疾患と違って前立腺がんは悪性なので、過剰に過信することは禁物です。

 

予防のためにノコギリヤシを摂取することは意味があるといえますが、発病した場合には病院で適切に治療を受けるようにしましょう。

 

また、体質によってはまれに副作用がでることがあるので、もし副作用がでた場合は医師の診断をあおぐようにしましょう。